今のうち勉強を頑張って大学生を満喫したい

大学生の醍醐味と言えば、やっぱり飲み、旅行、バイトの3点セットでしょう。ちょっとお堅い学部である法学部に入ってしまいましたが、正直な話大学に入ってから勉強しようだなんて考えはこれっぽっちもありませんでした。遊べるだけ遊んで、稼げるだけ稼いで、単位を落とさない程度に試験前は一夜漬け。そういう従来の大学生活を送ってみたかったのです。



まあ自分の計画通り、大学に入ってすぐに高額時給の居酒屋バイトの面接にも受かって収入源を確保することができましたし、サークルでもイベントサークルへ入って友達も増えましたし旅行なんかも下手すれば月に2回行くこともザラにありました。そんなこんなで大学生活を順調にエンジョイしている頃に、家で父に「ちょっと話がある」と呼ばれました。

KansaiDebianMeeting - Debian Wiki

なにを改まって話があるのかと思えば、大学に入ってからの自分の行動について指摘され、遊ぶのも人生経験のうちだが、大学というあるていどまとまった時間が取れるのは今だけだから勉強はできるうちにしといた方がいいぞと父に言われました。最初はくだらない説教だなんて思って悪態をついていましたが、父が自分の身の上話をはじめて、自分の時は家に余裕が無くて勉強がしたくても大学へ行くことができなかったこと、高卒ですぐに社会に出ても色々な勉強不足で相当苦労をしてきたことなどを語りました。



そういった話を聞くのはうんざりでしたが、自分もこれから先のことを考えるとまんざら人ごとではないのではないかと思ってしまい、父の言葉が心に残ってしまいました。さすがに今の楽しい生活を手放したくは無いですけど、少しだけ遊ぶ時間を減らして読書から勉強をはじめようかと考えています。