バイクの転倒事故で人生も歯の形状も大きく変わってしまった

あれは去年の8月が終わろうとしていた頃でしょうか。仕事が終わった私は愛用しているFTR225に跨りながら、帰路についていました。その日は夕方まで雨が降っていたこともあり、退勤する頃にもまだ雨水でびしょ濡れになった道路のままでした。しかし、私はそれを意識せずにバイクのアクセルをいつも通り回して、ハイスピードを出していたのです。そんな帰路の最中に前から割り込みをする車が現れ、慌ててブレーキを踏み込みました。ですが、雨に濡れた路面は急にブレーキをかけたバイクのタイヤを滑らせてしまし、物凄い勢いでスリップ。その後は何が起きたか分からず、気がついた頃には病院のベッドで仰向けになっていました。

仙台 歯医者の公式サイト

病院のベッドで目が覚めた時は、自分がまだ生きていたことに感謝していましたが、それと同時に口の中に物凄い痛みを感じたのです。そう、その時はまだ起き上がれなかったので自分の目では確認できませんでしたが、私の歯はバイク事故によって折れてボロボロになってしまい、応急処置として仮の歯を歯全体に付けているところでした。そして骨折の入院治療を行うとともに、大きな歯の治療を行うことになりました。

AICA

その後、骨折の治療は順調に進んで日常生活を難なく送れるようにはなりましたが、歯の治療の方は不十分であり、その形状がかなり変わってしまったままでした。そしてその歯の形状が変わったことによって、人前に出ることもままならなくなり、結果的に引きこもりのような生活を送るようになってしまったのです。つまり私は、バイクの転倒事故で人生も歯の形状も大きく変わってしまったことになります。

「 water 」をネイティブっぽく発音する方法 【英会話フォービーYouTubeレッスン】 - YouTube

あの8月の終わりの日に、あれほどまでアクセルを回していなければ、あの時割り込みの車が出てこなければなど色々と考えて後悔の念を拭いきれません。しかし、私の歯も人生もあの事故より前の状態に戻るわけではありませんから、いくら考えても仕方のないことでしょうね。